タイ食堂のカレーとトムヤムクン

嬉しいスープ飲みたいなあ、なんて話してたら、それぞれからタイ食品のおストアを教えてもらいました。
なんでもそっちのトムヤムクンが物凄いうまいらしいです。

料理を見るとどれも700円以上と、経費が激しく驚き。
高級ストアか何かなんですかね?
タイ食品は市場がわからないのでどうなんでしょう。
取り敢えずトムヤムクンと、タイ風のグリーンカレーを注文することに。

容積はどうしても多くて、トムヤムクンは単独視点土鍋ぐらいの音量がありそうな、正中から火が出る鍋で出てきました。
汁から高いエビが1匹、面持ちを覗かせてます。
グリーンカレーも1.6社会くらいのがたい。

カレーは辛さ落ち着きのを注文したんで、悲しいって言うよりは利益が目立つテースト。
普通の茶色いカレーとは、基本的なテーストと匂いの作りからして別物って風情。
普通のカレーほど重くもありません。

そうして肝心のトムヤムクンは、これがまたものすごく疎ましい!
口に入れてあっという間には辛さがガツンと来て、そうしたら魚介類の利益が広がり、飲み干すと酸味が後を引く風情。
これは確かに喜ばしいですね。

わずか容積多いかなと思ったんですが、気付いたら軽々と完食してました。
文句無しに美味しかったのは確かですが、さすが経費が辛いですね。
頻繁には行けなさそうです。ストレスニキビの治り方を教えてもらいました