急激ウエイトUPは甲状腺変が関係?

一年中に1距離体重が増えることも多くなってきました。
食べる容積が極端に増えたわけではありません。
生理不順のために低キャパシティピルも飲んでいますが、でも出血が起こらないこともあります。
終日、だるかったり、凄い眠気が襲ってきたり。
甚だしく困っていました。
殊に原因不明のウェイト増量にはぐったりしますし、やっと避けたいことでした。

この間、その動機が分かりました。
甲状腺不安定が動機だったのです。
ただし動機が分かったからと言って体重が減るわけではありません。
治る病でもないので、始終付き合っていかなければいけません。

絶えずなぜこんな状態になってしまったのは、ひどく気になっていました。
インターネットで調べてみると、同じトラブルに苦しんでいる人類が他にもいると知って、友だちがいるんだとまさか確実しました。

急激なウェイト増量をしてしまう人類全てが甲状腺不安定を抱えているわけではないと思いますが、でも動機が分かるのと分からないとそれでは本心も違うのかな、と思いました。足の脱毛は永久脱毛が一番です

タクシーにあったら良いなと思う便宜

最近、久しぶりにタクシーを利用しました。久しぶりにタクシーを利用してみて、タクシーにこんな支援があれば良いのになと思ったことがあったので書いてみたいと思います。俺が一番感じているタクシーにあれば良いなと思っているのは自分で運営ができる支援です。タクシーを利用すると、時として路地に不慣れな乗員様に遭遇してしまうことがあります。乗員様よりも私のほうが路地を知っているという場合もあります。そんなとき、自分で運転したほうが手早く着けるのにと思ってしまうのです。タクシーを乗員様に替わって乗員するのは何かと問題があると思いますが、あれば良いなと思ってしまいます。タクシーで水物が買えたりする支援もあれば良いなと思っています。タクシーのなかはまず悠然とできるので、そのようなとき俺は思わずコーヒーが飲みたくなってしまうからです。やがて無人タクシーなどが登場してくれば、それに伴って各種支援が登場してくると思います。どんなタクシーが出てくるのか今から楽しみです。キレイモは四十代でも安心して通えます

人を信じるってことは

よく「私を信じてください」とか「俺を信じられないのか」なんて言葉を耳にするけど、人間は簡単に他人を信じられないですよね。

人間ってどんなことするかわからない。自分自身だって、将来どんな行動をするかだれにもわからないと思う。つまり、自分自身だって信じられない、それなのに他人を信じられるわけがないと思う。Stressed Over Money

家族とか、親友なんかでも、それだから信じるというのもおかしな話だ。家族だから、親友だからって、やっぱり将来どんな行動をするか、だれにもわからない。

連帯保証人になって全財産を失ったって話をよく聞くけど、あれって、その相手を本当に信じてなるんだろうか。この人に絶対裏切られることはない、なんて本当に思える相手なんているだろうか。

つまり、連帯保証人になるときは、万が一のことが起こった場合、それはそれで仕方ないという覚悟を持つということじゃないかと思う。
結局、他人を信じるということは、その人にだまされてもしょうがないと思うことじゃないかと思う。